生産者紹介

山藤ファームでは生産に対して減農薬、有機栽培を心がけ、より良い品物を生産・出荷することを目指しています。

良いしょうがの生産には温暖湿潤な気候が必要となります。乾燥に弱く水分が足りなくなると育たなくなり、多いと腐りやすくなってしまいます。土壌は、動植物・微生物など有機物が分解して出来た物質を含んだ土が必要とされます。

自然の旨味を引き継がせ、なおかつ安全なしょうがを生産できるかを日々勉強しております。
ここの土壌で生産された生姜は山藤青果で販売をしております。



■1月
土壌消毒を行います。

■1月
畑にワラ・堆肥を入れて土壌に栄養を与えます。

■1月
植え付けの種を丁寧に仕込んで行きます。

■2月
土壌を耕し畝をつくり、
植え付けの準備を行います。

■3月
しょうがの植え付け作業を始めました。

■3月
シートをかぶせ寒さからしょうがを守ります。

■5月
寒さ対策でかぶせてあったシートをとります。

■5月
小さいながらも芽が出てきました。成長が楽しみです。

■6月
わらを敷き日差しと乾燥から土壌を守ります。

■8月
台風よけの防護ネットを取り付けて畑を守ります。

■9月
細かい手入れが良い生姜を作ります。

■10月
生姜収穫風景です。

■10月
スタッフ団結して収穫作業を行います。

■11月
生姜収穫風景です。

■12月
低温倉庫にて。
山藤青果 山藤ファーム ショップ 業務案内 生産へのこだわり 生産者紹介 ショ農園紹介ップ